お問合せ

  • アクセス
  • お問合せ

研究開発の紹介Research and development

核燃料サイクル技術

核のゴミに含まれた長期間放射線を出すマイナーアクチニドを燃やす技術の研究を進めています。放射性廃棄物の減容化・有害度低減の研究開発は原子力発電で発生する使用済燃料に含まれ、これまで高レベル放射性廃棄物として扱われていたマイナーアクチニド(MA)を高速炉で燃えやすいもの変えたり直接燃やすことにより、高レベル放射性廃棄物の量を減容化したり、その有害度を低減することを目指した研究開発です。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.