文字サイズ

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  1. トップページ
  2. 資料
  3. 公開資料
  4. TRU廃棄物処分技術検討書(第2次TRUレポート)

TRU廃棄物処分技術検討書-第2次TRU廃棄物処分研究開発取りまとめ-

本検討書は,TRU廃棄物処分の事業並びに制度化に資するため,電気事業者等と核燃料サイクル開発機構が協力し,2000年に取りまとめた「TRU廃棄物処分概念検討書(第1次TRUレポート)」以降,両者が進めてきた研究開発の最新の成果を反映し,当該廃棄物処分の技術的成立性及び安全性の見通しについてより確かなものとすることを目的に,関係機関の協力を得て取りまとめたものである。

また,解析評価に用いたデータ・パラメータ等の設定根拠及び解析評価の詳細などの技術的根拠を束ねた「根拠資料集」を別途取りまとめた。この根拠資料集には,廃棄体データベース,核種移行データベース,設計検討及び解析,安全評価シナリオ,個別現象解析,安全評価解析,並びに併置処分に関する検討評価等の詳細を記述した。 →要約pdf

電気事業連合会・核燃料サイクル開発機構

※章ごとにPDFファイルを作成いたしました。太字部分をクリックして,PDFファイルを閲覧してください。

[改訂履歴]

第1章 序論pdf

  • 1.1 本検討書の位置づけ
  • 1.2 地層処分の安全確保の考え方
  • 1.3 地質環境条件
  • 参考文献

第2章 TRU核種を含む放射性廃棄物の発生と特性pdf

  • 2.1 TRU核種を含む放射性廃棄物の種類と管理
  • 2.2 廃棄体発生量の予測
  • 2.3 廃棄体の放射性物質濃度
  • 2.4 廃棄体区分の検討
  • 2.5 廃棄体の特性
  • 2.6 まとめ
  • 2.7 今後の課題
  • 参考文献

第3章 地層処分の工学技術pdf

  • 3.1 設計の基本的考え方
  • 3.2 人工バリア及び処分施設の設計
  • 3.3 ニアフィールドの長期力学的安定性
  • 3.4 処分施設の建設・操業・閉鎖
  • 3.5 まとめ
  • 参考文献

第4章 地層処分の安全性の検討pdf

  • 4.1 地層処分の安全評価の進め方
  • 4.2 前提条件の整理
  • 4.3 シナリオ開発
  • 4.4 安全評価上重要な処分環境条件の設定
  • 4.5 核種移行解析及び線量評価
  • 4.6 安全性の検討のまとめ
  • 参考文献

第5章 コンクリートピット処分と余裕深度処分の処分施設設計と安全評価pdf

  • 5.1 コンクリートピット処分施設及び余裕深度処分施設の施設概念
  • 5.2 コンクリートピット処分及び余裕深度処分の安全評価の進め方
  • 5.3 コンクリートピット処分及び余裕深度処分のシナリオ検討
  • 5.4 コンクリートピット処分及び余裕深度処分の安全評価
  • 5.5 まとめ
  • 5.6 今後の課題
  • 参考文献

第6章 廃棄物処分合理化に関する検討pdf

  • 6.1 合理化に関する基本的考え方
  • 6.2 高レベル放射性廃棄物との併置処分に関する検討
  • 6.3 余裕深度処分のα核種濃度区分値による影響
  • 6.4 海外返還廃棄物の返還方法による影響
  • 参考文献

第7章 TRU廃棄物処理処分の代替技術に関する検討pdf

  • 7.1 代替技術に関する基本的考え方
  • 7.2 ヨウ素固定化技術
  • 7.3  C-14長期閉じ込め技術
  • 7.4 低アルカリ性セメント
  • 7.5 硝酸塩分解技術
  • 参考文献

第8章 まとめpdf

  • 8.1 第2次TRUレポートの成果
  • 8.2 処分事業実施に向けた今後の展望
  • 8.3 今後の技術開発課題

付 録pdf

  • 第1章関連
  • 1A 第2次TRUレポートの取りまとめ体制
  • 1B IAEAの安全要件及び参照した安全要件
  • 第2章関連
  • 2A 使用済燃料の放射性物質濃度に与える燃焼度の影響
  • 2B グループごとの放射性物質量及び内容物の重量
  • 第3章関連
  • 3A 廃棄体容器の代替概念
  • 3B セメント系材料の想定仕様と解析用特性値
  • 第4章関連
  • 4A 代替解析ケース入力データ
  • 第5章関連
  • 5A コンクリ-トピット処分の評価シナリオ及び評価モデル
  • 5B コンクリートピット処分の評価パラメータ
  • 5C 余裕深度処分の評価シナリオ及び評価モデル
  • 5D 余裕深度処分の評価パラメータ
TRU廃棄物処分技術検討書 根拠資料集

本資料集は,TRU廃棄物処分技術検討書(第2次TRUレポート)の記載内容について,その透明性,追跡性確保の観点から,根拠となった情報を取りまとめたものである。 内訳は評価に用いたデータ及びその設定根拠,解析方法,評価コードの解説,評価上考慮したFEP(Feature,Event,Process)とその解説等である。なお,便宜を図る ため,第2次TRUレポートの章,項目との対比表を付した。
※No.の最初の数字は,第2次TRUレポートでの関連する章番号,最後の数字は通し番号となっております。
※タイトルあとの( )内の数字は,第2次TRUレポートでの関連する項目番号を表しています。

<問合せ先>
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方白根2番地4
日本原子力研究開発機構/研究技術情報部 研究技術情報課

〒100-8118 東京都千代田区大手町1-9-4 経団連会館ビル
電気事業連合会 原子力部

↑ PAGE TOP