廃棄物安全研究グループ

放射性廃棄物の安全に関する研究

原子力の利用に伴って様々な放射性廃棄物が発生します。廃棄物安全研究グループでは、原子力事業者が行う放射性廃棄物の処分や原子力施設の解体・撤去が安全に行われるよう国が規制する際の技術的支援を行っています。

放射性廃棄物の発生
放射性廃棄物の発生
* 出典:パンフレット「核燃料サイクル関連の施設等から発生する放射性廃棄物の処理処分の現状」(文部科学省)

具体的には、安全評価コードの整備や安全の判断方法について、

  • 原子力安全委員会が定めた『重点安全研究計画』
  • 規制行政庁の研究ニーズを示した『規制支援研究計画』

に基づき、3つの研究課題を進めています。

3つの課題と連携体制
3つの研究課題と連携体制

I.放射性廃棄物処分の安全に関する研究

高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全性は、安全性を確保すべき期間が数10万年以上と長いため、試験を行って安全かどうかを実証できません。したがって、処分場や周辺環境の将来の振る舞いを適切に想定(シナリオ)したうえで、シナリオに沿った振る舞いを定量的に示すためのモデルや計算用データを整備し、計算コードで被ばく線量等を予測することにより、安全性を立証することになります。シナリオ、モデル、データにはそれぞれ不確かさを含んでいるため、長期的な安全性の判断においては、不確かさの評価が重要となります。

被ばく線量解析のイメージ
安全評価手法
不確かさを表現できる安全評価手法を確立するため、①ガラス固化体、②オーバーパック(炭素鋼)、③緩衝材(粘土)、④地層ごとに、それぞれ機能の不確かさを定量化するための現象解明、モデル構築、コード開発を行っています。

II.原子力施設の安全な解体のための研究

役目を終えた原子力施設を解体するにあたって、公衆や作業者の安全を確保するために必要となる「解体時の被ばく線量を評価するためのコード」を整備しています。また、解体後の敷地を有効に再利用するための安全基準や有意な放射能が残っていないことの確認方法についても研究しています。

廃止措置

III.規制や基準の策定のための貢献

発電所

原子力や放射線の利用、原子力施設の運転や解体に伴い発生する様々な低レベル廃棄物について、その特性に応じて安全に処分、または再利用するための区分基準について検討しています。

規制や基準の策定のための貢献

ページTOP