構造健全性評価研究グループ

高温引張試験機

シビアアクシデント時に材料が高温にさらされた場合の材料の損傷程度を評価するため、高温引張試験機を整備しました。原子力プラントで用いられる構造材料について、その融点近くの高温下における引張特性やクリープ特性など、幅広く材料物性を取得できる装置です。

図1
図1:高温引張装置の外観
図2
図2:並行光を用いて試験片形状を測定
図3
図3:試験片

ページTOP