環境影響評価研究グループ

放射性廃棄物の安全に関する研究

原子力の利用に伴って様々な放射性廃棄物が発生します。環境影響評価研究グループでは、原子力事業者が行う放射性廃棄物の処分や原子力施設の解体・撤去が安全に行われるよう国が規制する際の技術的支援を行っています。

また、福島第一原子力発電所事故に伴い大気中に放出された放射性物質は福島県を中心とした地域に拡散し、土壌や森林などの地表環境やがれきなどの災害廃棄物の汚染を生じさせました。こうした様々な汚染物の処理・処分を安全かつ着実に進めていくために、国の指針などの策定のための技術的支援も行っています。

環境影響評価研究グループでは、原子力規制庁や内外の関係機関との連携を図りつつ、下記の3つのテーマの研究を進めています。

 Ⅰ.放射性廃棄物処分の安全評価に関する研究
 Ⅱ.原子炉施設廃止措置の安全評価に関する研究
 Ⅲ.規制や基準の策定のための貢献

放射性廃棄物の発生
放射性廃棄物の発生
* 出典:パンフレット「核燃料サイクル関連の施設等から発生する放射性廃棄物の処理処分の現状」(文部科学省)
3つの課題と連携体制

I.放射性廃棄物処分の安全評価に関する研究

高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全性は、安全性を確保すべき期間が数10万年以上と長いため、試験を行って安全かどうかを実証できません。したがって、処分場や周辺環境の将来の振る舞いを適切に想定(シナリオ)したうえで、シナリオに沿った振る舞いを定量的に示すためのモデルや計算用データを整備し、計算コードで核種移行や被ばく線量等を予測することにより、安全性を立証することになります。

解析手順
被ばく線量解析のイメージ

また、被ばく線量等を合理的に予測するためには、処分施設周辺での地下水の流れを把握することが重要であり、涵養域(雨水が地下に浸透する領域)から流出域(地下水が地表に湧き出す領域)までの広域の地下水流動を理解する必要があります。そのため、広域かつ長期的な地下水流動を評価できる3次元地下水流動・核種移行解析コード:3D-SEEPを開発しています。

地下水流動評価手法

II.原子力施設廃止措置の安全評価に関する研究

原子力施設の廃止措置について、申請された廃止措置計画及び廃止措置終了確認の妥当性を評価する「廃止措置安全評価コードシステム」を整備しています。本コードを用いて、廃止措置の各段階に応じて、解体時の公衆や作業従事者の被ばく線量や、解体後の敷地に残存する放射能の分布を評価できます。

廃止措置

III.規制や基準の策定のための貢献

原子力や放射線の利用、原子力施設の運転や解体に伴い発生する様々な低レベル廃棄物、福島第一原子力発電所事故に伴って発生した汚染した災害廃棄物について、その特性に応じて安全に処分、または再利用するための区分基準について検討しています。

福島第一原子力発電所事故に関わる汚泥の処理、処分に係る安全確保のための評価

ページTOP