国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構|採用情報

人事・労務・教育制度紹介

採用情報HOME / 
新卒採用 / 
[人事・労務・教育制度紹介] 人事制度-JAEAの職種とは?-

人事制度

職種

職種定義
研究職機構のミッションに沿った基礎研究、応用研究又は技術開発に従事し、独創性・革新性をもって、新しい手法や技術を考案し、研究計画を立て、実証していく職員です。
技術職業務に必要となる専門的な知識を習得し、原子力技術、放射性廃棄物の処理処分や設備管理効率化等のニーズに基づく新技術の開発、研究施設の運転・維持管理、安全・放射線管理、研究施設等の建設や工務等に従事し、技術的専門性を活かし幅広い視野を持って安全確保や技術の高度化に係る活動を行う職員です。
事務職総務、人事、経理、契約など組織を運営して行く上で必要となる業務そして研究開発成果の広報活動、大学や国内・国外の研究開発機関との連携など、研究開発機関特有の業務にも従事する職員です。

研究員・技術員

職種定義認定基準
研究職 機構のミッションに沿った基礎研究、応用研究又は技術開発に従事し、独創性・革新性をもって、新しい手法や技術を考案し、研究計画を立て、実証していく職員です。
  • 従事する研究業務に係る専門分野の学位(博士号)を有していること又はそれに準ずる能力を有していること。
  • 研究業務に関し、自ら成果を創出する活動を継続的に実施し、国内外から高い評価を受ける研究活動を遂行する意欲と能力があること。
技術員 業務に必要となる専門的な知識を習得し、原子力技術、放射性廃棄物の処理処分や設備管理効率化等のニーズに基づく新技術の開発、研究施設の運転・維持管理、安全・放射線管理、研究施設等の建設や工務等に従事し、技術的専門性を活かし幅広い視野を持って安全確保や技術の高度化に係る活動を行う職員です。
  • 専門分野において、充分な実務経験と顕著な業務実績を有し、技術能力が優れている(※)と認められること。
    ※原子炉主任技術者、核燃料取扱主任者、第一種電気主任技術者、第一種放射線取扱主任者、技術士等の資格も目安とする。
  • 施設や装置の開発・高度化等、研究開発基盤を支える意欲と能力があること。
  • 部下の指導・育成、技術の承継に努め、周囲の模範となること。

PAGETOP↑