• 小
    • 中
    • 大

萌芽研究開発制度紹介

平成28年度に採択されました萌芽研究開発制度に基づく研究開発課題は下記の一覧のとおりとなります。

実施課題 研究者の所属
1

核磁気共鳴法による液相同位体遠心分離過程のその場観察

原子力科学研究部門

2

新規陰イオン形核種固定材の開発に向けた基礎研究

原子力科学研究部門

3

超微量放射性同位体の分光分析法の開発

原子力科学研究部門

4

プロトン伝導性酸化物における赤外光誘起水素拡散促進効果のミュオンによる直接観測

原子力科学研究部門

5

溶融塩技術を用いた汚染土壌からのセシウム除去と電解析出法による分離・回収

原子力科学研究部門

6

アパタイトを用いた放射性ストロンチウムイオン吸着材料の開発

原子力科学研究部門

7

電気化学表面増強赤外吸収分光法によるウラン凝集体形成反応のその場分析

原子力科学研究部門

8

断層の活動性評価のための高速摩擦試験と鉱物・化学分析の高精度化に関する研究

バックエンド研究開発部門

9

テトラド効果に着目した深部地下環境における水・岩石反応に関する研究

バックエンド研究開発部門

10

MOSFET用Si(110)表面酸化膜の基礎データ構築

原子力科学研究部門

11

10MHzの高ビーム強度耐性を備えた高性能飛跡検出器の開発

原子力科学研究部門

12

極低バックグラウンドを実現する分析プロセスの開発

原子力科学研究部門

13

高エンタルピープラズマ風洞の凍結流を用いた同位体比直接分析法の開発

原子力科学研究部門

14

放射性廃液から陰イオンを選択的に分離回収する配位高分子の開発

原子力科学研究部門

15

プルトニウムの粒径測定が可能な超高空間分解能α線イメージング装置の開発

バックエンド研究開発部門

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.