サイクル研が求める人材

機構(サイクル研)の使命

※サイクル研…核燃料サイクル工学研究所の略称

  1. 原子力は我が国のエネルギーセキュリティを考える上で、欠かせないオプションです。
  2. しかし、原子力分野には長期にわたって取り組まなければならない課題がまだまだたくさんあります。
  • 中でも核燃料サイクルや廃棄物処理は重要な課題です。
    • 高速炉燃料サイクルを始めとするウラン資源の有効利用技術の確立
    • 使用済燃料の処理に関する技術の多様化(再処理か直接処分かが議論されています)
    • 廃炉に関わる技術開発
      (今後、廃炉になる発電所が増えるのでそのための技術の開発が 重要になっています)
  • また、福島第一原子力発電所の廃止措置は現時点で最大の国家的課題です。
    • 例えば、損傷した燃料の取出し、事故やその後の処理作業で発生した廃棄物の処理などの
      技術開発が必要です。

◎日本で唯一の原子力の総合的研究開発機関で、我が国の未来を切り開くと共に、
人類に貢献できるエネルギー開発に挑戦しませんか!!

サイクル研の仕事

サイクル研では、原子力分野の中で、特に以下の活動を行っています。

  • 高度な原子力エネルギーシステムの構築を目指して、核燃料サイクル分野(燃料製造及び再処理技術)、廃棄物分野(廃棄物処理・処分技術)など世界の最先端の研究開発や実用化技術開発に取り組み、人類が抱えるエネルギー問題の解決に貢献する活動
  • 上記技術の開発を支えてきたサイクル研の施設のうち、老朽化した施設の廃止措置、解体撤去を通じて得られる技術成果を、今後増大する我が国の原子力施設の廃止措置、解体撤去に広く反映できる技術に展開する活動
  • 国民の誰もが願う、福島第一原子力発電所の廃止措置に関わる技術開発に貢献する活動

サイクル研の求める技術職像

機構では、研究職、技術職、事務職を募集しています。
このうち、研究職については研究論文を成果として自律的に研究開発を行うことを期待しています。
これに対し、サイクル研が求める技術職像は以下のようなものと考えています。

  • 研究論文を最終成果と考えるのではなく、具体的な課題の解決を目指す人
  • どちらかというと研究的能力よりも技術的能力という形で明確に組織に貢献できる高級エンジニアを目指す人
  • プラントの建設、運転あるいは解体撤去など、施設・設備(ハードウェア)の深い理解の中からニーズを拾い出し、新たな技術を創造する人

サイクル研の求める人材と育成計画

  1. 現在の我が国が抱える原子力エネルギー問題の解決に貢献する意欲のある人を求めます。
  2. 担当する仕事は機構の国家的な役割に基づいたものであり、短期間での商品化が求められるようなものではないものの、開発リスクが高く、リードタイムの長いことが特徴です。したがって、大きな目標をもった研究開発、技術開発に興味のある人を求めます。
  3. 担当する仕事はエンジニアリングの総力を結集した広い分野にわたるため、原子力工学のほか理学及び工学系(化学、物理、機械、電気、材料など)のあらゆる専攻の出身者が活躍することができます。それぞれの専門に応じた基礎能力を重視します。
  4. 誠実でバイタリティがあり、目前の課題に果敢にチャレンジし、仲間と共に楽しく業務が遂行でき、私たちと夢を共有できる人物を望みます。
  5. 必要な知識や技能は、採用後に研修やOJT教育により計画的に習得できるように育成します。
  6. 業務を通じて得られた成果は、論文発表、学位取得にも活かせます。また、必要に応じて資格取得や海外出張、海外留学のチャンスも多数あります。これらの努力の成果については、組織目標への貢献度のみならず、個々人のキャリアとして評価します。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.

〒319-1194 茨城県那珂郡東海村村松4-33
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所

電話:029-282-1111(代表)