核燃料サイクル工学研究所は、昭和32年6月、原子燃料公社東海精錬所として東海村の地に設置が決定されました。昭和34年3月に我が国で初めて金属ウランの製造に成功し、以来一貫して核燃料サイクルに関する実践的な研究開発を進める他に類のない研究開発拠点となっています。
 当研究所は、使用済燃料の再処理施設、高速炉開発のためのプルトニウム燃料の製造施設など、工場とも称すべき規模の大きな施設を有し、その主要な研究成果は、着実に民間企業へ技術移転されています。

 現在、東海再処理施設は、国内で前例のない大規模な核燃料施設の廃止措置への移行を目前に、廃止措置を安全かつ速やかに進めるための検討を重ねています。特に優先すべきこととして、高レベル放射性廃液を固化・安定化し、より安全に取扱うことができるようにするため、ガラス固化技術開発施設の運転を通じ、廃棄物処理技術の高度化研究を実施しています。
 高レベル放射性廃棄物の処分に関しては、機構の有する深地層研究施設と連携して、地層処分する廃棄物が人間環境に長期にわたって影響を及ぼさないようにするための研究開発を続けています。
 また、これらの研究開発を通して培った研究基盤をフルに活用し、 東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた研究開発、高レベル放射性廃棄物の減容化・有害度低減に向けた研究開発等に取り組んでいます。

 私たちは、原子力が有する可能性を最大限に活用することを目標に、核燃料サイクルの確立を目指し、伝統ある東海村の地で研究開発活動を着実に進めてまいります。このため、積極的な若い力の参加を期待しています。
 今後も安全確保を業務運営の最優先事項とし、地域との共生に努めつつ、機構の使命である人類社会の福祉と繁栄への貢献を果たすため全力を尽くしてまいります。これからも皆さまからのご指導とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

核燃料サイクル工学研究所長
三浦 信之

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.

〒319-1194 茨城県那珂郡東海村村松4-33
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所

電話:029-282-1111(代表)