国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター

リアルタイム環境監視システム

国立研究開発法人
日本原子力研究開発機構
バックエンド研究開発部門
人形峠環境技術センター

〒708-0698
岡山県苫田郡鏡野町上齋原1550番地
TEL.0868-44-2211
FAX.0868-44-2502

センター施設概要

濃縮工学施設

濃縮工学施設

濃縮工学施設は、当初ウラン濃縮パイロットプラントと呼ばれ、遠心分離法によるウラン濃縮の実用化技術の開発を目的として建設されたもので、昭和54年に運転が開始されました。
このプラントでは、回収ウランを使用した濃縮試験も行われ、ここで得られたウラン濃縮の研究開発成果は、ウラン濃縮原型プラントに引き継がれ、平成2年3月にプラントの運転を終了しました。
その後、平成3年に施設名が濃縮工学施設と改められ、ウラン濃縮設備の高性能化を目指して、平成9年3月まで遠心分離機に複合材料胴を採用した実用規模カスケード装置の運用試験が行われていましたが、現在は使われていた遠心分離機などの、環境に配慮した解体技術の開発などを行っています。

濃縮工学施設の沿革
昭和53年4月 ウラン濃縮パイロットプラントOP-1建屋工事に着手
昭和53年7月 ウラン濃縮建設所を設置
昭和54年9月 ウラン濃縮パイロットプラントOP-1Aとして運転開始
昭和55年4月 ウラン濃縮パイロットプラントOP-2建屋工事に着手
昭和55年10月 ウラン濃縮パイロットプラントOP-1B運転開始
昭和56年4月 ウラン濃縮パイロットプラントの製品を初出荷
昭和57年3月 ウラン濃縮パイロットプラントOP-2運転開始(全面運転)
昭和57年12月 ウラン濃縮パイロットプラントで濃縮したウランを「ふげん」に初出荷
昭和61年7月 ウラン濃縮パイロットプラントより再濃縮ウラン初出荷
平成2年3月 ウラン濃縮パイロットプラント試験終了
平成3年6月 高性能遠心分離機実用規模カスケード試験装置準備着手
平成3年10月 ウラン濃縮パイロットプラントを濃縮工学施設と改称
平成4年3月 実用規模カスケード試験装置建設工事着手
平成5年3月 実用規模カスケード試験装置完成
平成5年5月 実用規模カスケード試験装置運転試験開始
平成8年8月 遠心機処理設備建設工事着手
平成9年3月 実用規模カスケード試験装置運転試験終了
平成12年9月 遠心機処理設備のホット試験を開始
平成23年12月 放射能濃度の「測定及び評価の方法」(クリアランス測定方法)申請
平成24年8月 放射能濃度の「測定及び評価の方法」(クリアランス測定方法)の認可
平成25年11月 放射能濃度に係る確認(クリアランス確認)申請
平成26年3月 放射能濃度に係る確認証(クリアランス確認)受領
平成26年6月 OP-1 ウラン操作室,OP-2ブレンディング室の設備解体に着手