国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター

リアルタイム環境監視システム

使用済遠心分離機の処理及びクリアランスへの対応

使用済遠心機処理の合理化及びクリアランスへの対応

遠心分離機処理技術は、ウラン濃縮施設で使用した遠心分離機内の汚染部分を除染し、クリアランス制度等により有用金属を再利用していくための処理技術開発で、遠心分離器の核拡散防止の為の技術情報も併せて処理していくことを目的としています。
遠心分離機を分解した後、化学分離処理設備にて希硫酸と超音波洗浄装置を用いてクリアランスレベル(人の健康への影響を無視できる放射性物質の濃度)まで除染して放射性廃棄物の発生量を減少させます。

遠心機処理の合理化及びクリアランスへの対応