国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 人形峠環境技術センター

リアルタイム環境監視システム

廃止措置及び放射性廃棄物の処理処分の計画的かつ合理的な推進

工程内滞留ウランの回収

ウラン濃縮施設のプラント機器には、長期間の運転により固体のウラン化合物(滞留ウラン)が付着しています。
そのため、施設の解体に先立ち、これらの滞留ウランを回収する技術開発を平成8年度から開始し、今後の施設解体に向け、滞留ウラン除去・回収を実施しています。
滞留ウランの除去・回収は、七フッ化ウランヨウ素(IF7)ガスを機器内に循環させることにより、これら滞留ウランを再度ガス化し、六フッ化ウラン(UF)ガスとして回収する仕組みです。

付着物除去技術の考え方