JAEAトップページへ 地層を科学する 東濃地科学センター    
>>TOP>>施設>>東濃鉱山(閉山措置中) >>サイトマップ
 東濃鉱山(閉山措置中)
ようこそ


東濃鉱山では、昭和47年より月吉ウラン鉱床の形態や品位分布状況を明らかにする目的で坑道を掘削し、昭和61年度からは地層科学研究の場として、主に堆積岩を対象に岩盤中の物質移動に関する研究等を実施しました。

 東濃鉱山の坑道を利用した調査研究は、所期の目的を達成したことから、平成16年3月に終了し、同年10月に休止鉱山とし、閉山措置について検討を始め、平成22年度から閉山措置を実施しています。閉山措置作業は計画どおりに進んでおり、これまで立坑を含む坑道の充填作業、主要な地上施設の解体撤去作業等が終了しています。

 安全第一を基本として作業を進めてまいります。


施設解体撤去前の状況
(平成24年3月)
施設解体撤去後の状況
(平成29年3月)

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.