JAEAトップページへ 地層を科学する 東濃地科学センター    
>>TOP>>研究紹介:地層科学研究 >>サイトマップ
 広域地下水流動研究

 東濃地域では、結晶質岩を対象とした調査研究として、超深地層研究所計画と、広域地下水流動研究を進めています。

 広域地下水流動研究は、平成4年度に開始、平成 16年度で主な現場調査を終了し、現在は、瑞浪超深地層研究所の研究坑道掘削に伴う長期観測を行っています。またここで掘削したボーリング孔は、外部研究機関との研究協力等に係わる調査/観測技術の開発などに活用する予定としています。

 結晶質岩を対象とした調査研究では、地層処分にとって重要な地質環境特性(地質・地質構造、岩盤力学特性、地下水の流動特性、地下水の地球化学特性)を段階的に理解するために、以下の4つの空間スケールに設定しています。
  @リージョナルスケール
  Aローカルスケール
  Bサイトスケール
  Cブロックスケール
  このうち、広域地下水流動研究は、上記の@とAの調査研究を担っています。
 広域地下水流動研究では、あわせて、地上から掘削するボーリング孔の掘削技術の開発や、ボーリング孔を利用した地質環境特性の調査技術開発を行いました。




成果
 リージョナルスケールの成果
 ローカルスケールの成果


Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.