JAEAトップページへ 地層を科学する 東濃地科学センター
>>TOP>>研究紹介:地層科学研究>>超深地層研究所計画>>成果リスト
>>サイトマップ

超深地層研究所計画

成果リスト

下記リンクをクリックしていただくと、機構の研究開発成果検索・閲覧サイト内に掲載されている報告書のPDFファイルが表示されます。

(注)こちらのリストには過去に広域地下水流動研究等の関連する研究で得られた成果もあわせて掲載しております。

基本計画書

段階計画書・報告書・中間取りまとめ

年度計画書

年度報告書

地質・地質構造の調査研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • 不均質地盤定数の推定に関する基礎的研究, 大西有三(京都大学), 田中誠(京都大学), 大澤英昭, 土木学会論文集, no.457/Ⅲ-21, pp.52-58, 1992
  • 音響波フルウェーブトモグラフィの実データへの適用, 高瀬嗣郎(応用地質(株)), 渡辺俊樹・松岡俊文・芦田譲(京都大学), 薮内聡, 物理探査, vol.55, no.5, pp378-385, 2002.01
  • 土岐花崗岩中の石英に発達するマイクロクラックの三次元方位分布による古応力場の復元と生成環境, 高木秀雄(早稲田大学), 三輪成徳(早稲田大学), 横溝佳侑(早稲田大学), 西嶋圭(早稲田大学), 円城寺守(早稲田大学), 水野崇, 天野健治, 地質学雑誌, vol.114, no.7, pp.321-335, 2008
  • 花崗岩体上部に発達する低角度亀裂の空間分布特性と地質学的解釈 -瑞浪超深地層研究所周辺の土岐花崗岩からの知見-, 栗原新, 天野健治, 小池克明(熊本大学), 劉春学(雲南財学院), Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan, vol.124, no.12, pp.710-718, 2008.12
  • 領家帯に代表される弱磁気異常地域における空中磁気調査とその解釈, 長谷川健, 松岡稔幸, 応用地質, vol.50, no.1, pp.2-15, 2009
  • 3Dレーザースキャナーの反射強度画像を用いた画像処理による岩石マッピング -瑞浪超深地層研究所における適用事例-, 早野明, 写真測量とリモートセンシング, vol.49, no.4, pp.202-205, 2010
  • 中部日本土岐花崗岩体の岩相と化学組成の累帯変化, 湯口貴史, 鶴田忠彦, 西山忠男, 岩石鉱物科学, vol.39, no.2, pp.50-70, 2010
  • Thermochronology and the three-dimensional cooling pattern of a granitic pluton: an example from the Toki granite, Central Japan, T. Yuguchi, K. Amano, T. Tsuruta, T. Danhara(京都フィッショントラック) and T. Nishiyama, Contributions to Mineralogy and Petrology, vol.162, Issue 5, pp.1063-1077, 2011
  • Three-dimensional cooling pattern of a granitic pluton II: The study of deuteric sub-solidus reactions in the Toki granite, Central Japan., T. Yuguchi, T. Tsuruta and T. Nishiyama, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, vol.106, no.3, pp.130-141, 2011.06
  • Three-dimensional cooling pattern of a granitic pluton I: The study of exsolution sub-solidus reactions in the Toki granite, Central Japan., T. Yuguchi, T. Tsuruta and T. Nishiyama, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, vol.106, no.2, pp.61-78, 2011.07
  • 多変量解析を用いたボーリング孔での断層の区間判定と岩盤区分 -瑞浪超深地層研究所における深層ボーリング孔での事例-, 鐙顕正, 天野健治, 小池克明(京都大学), 鶴田忠彦, 松岡稔幸, 情報地質, vol.22, no.4, pp.171-188, 2011.12
  • Three-dimensional fracture distribution in relation to local cooling in a granitic body: an example from the Toki granitic pluton, Central Japan, T. Yuguchi, M. Tagami, T. Tsuruta and T. Nishiyama(熊本大学), Engineering Geology, vol.149-150, pp.35-46, 2012.11
  • 土岐花崗岩体のストロンチウム同位体比初生値の空間分布から推定する花崗岩体の貫入定置過程及び冷却固化過程, 湯口 貴史; 鶴田 忠彦; 濱 克宏; 西山 忠男*, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 108(1), p.1 - 12, 2013
  • 瑞浪超深地層研究所における結晶質岩を対象とした地質環境調査技術開発; 地表からの調査予測研究段階, 濱 克宏, Journal of the Korean Radioactive Waste Society, 11(2), p.115 - 131, 2013
  • 瑞浪超深地層研究所における地下深部を対象とした地質学的調査について, 鶴田忠彦, 天野健治, 松岡稔幸, 田上雅彦, 栗原新, 山田泰広, 小池克明(京都大学), 地質学雑誌, vol.119, no.2, pp.59-74, 2013.02
  • The spatial variation of initial 87Sr / 86Sr ratios in the Toki granite, Central Japan: Implications for the intrusion and cooling processes of a granitic pluton, T. Yuguchi, T. Tsuruta, K. Hama and T. Nishiyama(熊本大学), Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, vol.108, no.1, pp.1-12, 2013.03
  • Long-term stability of fracture systems and their behaviour as flow paths in uplifting granitic rocks from the Japanese orogenic field, H. Yoshida(名古屋大学博物館), R. Metcalfe(クインテッサジャパン), M. Ishibashi and M. Minami(名古屋大学理工科学総合研究センター), Geofluids, vol.13, no.1, pp.45-55, 2013
  • 地球統計学的手法による亀裂性花崗岩体の3次元透水係数モデリングと広域地下水流動解析への応用, 久保 大樹(京都大学), 小池 克明(京都大学), Liu, C.(Yunnan University of Finance and Economics), 栗原 新(ダイヤコンサルタント), 松岡 稔幸, 地学雑誌, vol.122, no.1, pp.139-158, 2013
  • Petrographic study of the Miocene Mizunami Group, Central Japan; Detection of unrecognized volcanic activity in the Setouchi Province, Sasao, Eiji, Island Arc, vol.22, no.2, pp.170-184, 2013
  • Calcium and magnesium-bearing sabugalite from the Tono uranium deposit, central Japan, M. Nakata(東京学芸大学), E. Sasao and K. Komuro(筑波大学), Resource Geology, vol.63, no.4, pp.404-411, 2013
  • ウラン鉱床の分布から見た地質環境の安定性, 笹尾英嗣, ESI-News, vol.32, no.4, pp.155-162, 2014
  • 深部結晶質岩における割れ目の形成・充填過程と透水性割れ目の地質学的特徴;土岐花崗岩を例として, 石橋正祐紀, 安藤友美, 笹尾英嗣, 湯口貴史, 西本昌司, 吉田英一, 応用地質, vol.55, no.4, pp.156-165, 2014
  • ウラン鉱床の分布と産状からみたわが国の地質環境の長期安定性および天然バリアとしての機能, 笹尾英嗣, 地質学雑誌, vol.120, no.10, pp.345-359, 2014
  • Hydrothermal chloritization processes from biotite in the Toki granite, Central Japan; Temporal variations of the compositions of hydrothermal fluids associated with chloritization, Yuguchi, T., Sasao, E., Ishibashi, M. and Nishiyama, T., American Mineralogist, vol.100, no.5-6, pp.1134-1152, 2015
  • Zircon growth in a granitic pluton with specific mechanisms, crystallization temperatures and U-Pb ages; Implication to the "spatiotemporal" formation process of the Toki granite, central Japan, T. Yuguchi(山形大学), H. Iwano(京都フィッション・トラック), T. Kato(名古屋大学), S. Sakata(京都大学), K. Hattori(京都大学), T. Hirata(京都大学), S. Sueoka, T. Danhara(京都フィッション・トラック), M. Ishibashi, E. Sasao and Nishiyama, Tadao(熊本大学), Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, vol.111, no.1, pp.9-34, 2016
  • 瑞浪超深地層研究所における研究坑道掘削に伴って実施した壁面地質調査, 鶴田 忠彦, 笹尾 英嗣, 応用地質, vol.56, no.6, pp.298-307, 2016
  • Long term behavior of hydrogeological structures associated with faulting; An Example from the deep crystalline rock in the Mizunami URL, Central Japan, M. Ishibashi, H. Yoshida(名古屋大学博物館), E. Sasao and T. Yuguchi(山形大学), Engineering Geology, vol.208, no., pp.114-127, 2016
  • 深部結晶質岩マトリクス部における微小移行経路と元素拡散現象の特徴, 石橋 正祐紀, 笹尾 英嗣, 濱 克宏, 原子力バックエンド研究(インターネット), vol.23, no.2, pp.121-130, 2016
  • 超深地層研究所計画における研究の歩み, 笹尾 英嗣, 原環センタートピックス, vol., no.122, pp.4-12, 2017
  • 花崗岩類中の鉱物分布および鉱物組合せとその量比(モード組成)の新たな評価手法の構築; 走査型X線分析顕微鏡で取得した元素分布図を用いた画像解析, 石橋 正祐紀, 湯口 貴史(山形大学), 応用地質, vol.58, no.2, pp.80-93, 2017

地下水流動の調査研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • 深層を含む広域地下水流動, 柳澤孝一, 放射性廃棄物と地質科学-地層処分の現状と課題, pp.69-103 (ISBN978-4-13-066702-9), 1996.01
  • 地層科学研究における地下水調査・解析技術開発, 小出馨, 中野勝志, 尾方伸久, 原子力バックエンド研究, vol.4, no.2, pp.59-71, 1998.03
  • Methodology development for modeling of heterogeneous conductivity fields for a sandstone type uranium deposit, central Japan, Mikake, S., Yoshida, H., Koide, K., Yanagizawa, K., Ogata, N. and Maekawa, K., Engineering Geology, vol.56, pp.185-195, 2000.05
  • Runoff analysis in humid forest catchment with artificial neural network, Gautam, M.R.(埼玉大学), Watanabe, K.(埼玉大学) and Saegusa, H., Journal of Hydrology, vol.235, pp.117-136, 2000.08
  • Field experiment and observations of runoff generation processes in a forested mountainous catchment, Tono area, Japan, Gautam, M.R.(埼玉大学), Watanabe, K.(埼玉大学) and Saegusa, H., Annual Journal of Hydraulic Engineering-JSCE, vol.44, pp.127-132, , 2000.09
  • 推移確率行列と情報論的エントロピーを用いた岩盤割れ目系の解析 -東濃地区大深度試錐調査データを用いた検討-, 齋藤和春(埼玉大学), 三枝博光, 渡辺邦夫(埼玉大学), 宋元泰(埼玉大学), 応用地質, vol.43, no.3, pp.143-155, 2002.08
  • 地質環境特性調査における地下水流動の不確実性評価に対する試み, 三枝博光, 澤田淳(東海), 原子力バックエンド研究, vol.9, no.2, pp.167-178, 2002.08
  • Analysis of hydraulic pressure fluctuation in deep geologic formations in Tono area, Japan using artificial neural networks, 三枝博光, Gautam, M.R.(埼玉大学), 渡辺邦夫(埼玉大学), Journal of Hydrology, vol.284, pp.174-192, 2003
  • ニューラルネットワーク(ANN)と情報論的エントロピーを用いた岩盤割れ目密度の予測手法に関する検討, 三枝博光, 齋藤和春(埼玉大学), 渡辺邦夫(埼玉大学), Mahesh Gautam(埼玉大学), 応用地質, vol.44, no.5, pp.283-293, 2003.12
  • 深部地下水流動系を抽出するための後背地地形の影響を考慮した広域地下水流動解析, 稲葉薫, 三枝博光 , 地下水学会誌, vol.47, no.1, pp.81-95 , 2004
  • 地質環境特性評価の不確実性解析手法に関する検討, 柳沢孝一, 武田精悦, 大澤英昭, 高瀬博康(Quintessa Japan), 青山祐司(Quintessa Japan), 西垣誠(岡山大学), 須山泰宏(鹿島建設(株)), 戸井田克(鹿島建設(株)), 原子力バックエンド研究, vol.10, no.1-2, pp.5-20, 2004.03
  • Fracture Step Structure: Geometrical Characterization and Effects on Fluid Flow and Solute Migration, 渡辺邦夫(埼玉大学), N.D.Khang, 三枝博光, Engineering Geology, vol.75, Issue 1, pp.107-127, 2004.06
  • Uncertainty in Groundwater Flow Simulations Caused by Multiple Modeling Approaches, at the Mizunami Underground Research Laboratory, Japan, A. Sawada(東海), H. Saegusa and Y. Ijiri(大成建設(株)), Dynamics of Fluids and Transport in Fractured Rock ; ed. B. Faybishenko, P.A. Witherspoon and J. Gale, AGU Geophysical monograph Series 162, pp.91-101, 2005
  • 空間的に不均一な地質環境特性の評価方法に関する基礎的検討, 柳沢孝一, 武田精悦, 大沢英昭, 須山泰宏(鹿島建設), 古市光昭(鹿島建設), 戸井田克(鹿島建設), 高瀬博康(クインテッサジャパン), 青山裕司(クインテッサジャパン), 若松尚則(クインテッサジャパン), 西垣誠(岡山大学), 日本地下水学会誌, vol.47, no.4, pp.451-470, 2005
  • Application of Multi-Rate Flowing Fluid Electric Conductivity Logging Method to Well DH-2, Tono Site, Japan, Christine Doughty(LBNL), Shinji Takeuchi, Kenji Amano, Michito Shimo(Taisei Corporation), Chin-Fu Tsang(LBNL), WATER RESOURCES RESEARCH, VOL. 41, W10401, pp.1-16, 2005.03
  • 地質環境特性の不確実性解析手法の開発 -東濃地域を対象とした適用性検討-, 柳澤孝一, 武田精悦, 茂田直孝, 仙波毅, 須山泰宏(鹿島建設), 戸井田克(鹿島建設), 高瀬博康(クインテッサジャパン), 西垣誠(岡山大学), 日本地下水学会誌, vol.48, no.3, pp.149-167, 2005.09
  • 揚水試験結果の解析手法の変遷と最近の技術, 進士喜英(大成基礎設計(株)), 西垣誠(岡山大学), 竹内真司, 土と基礎, vol.54, no.5, pp.6-9, 2006
  • Stream flow forecasting by artificial neural network (ANN) model trained by real coded genetic algorithm (GA) ; A Case study when role of groundwater flow component in surface runoff is small, Sohail A.(埼玉大学), K. Watanabe(埼玉大学) and S. Takeuchi, 日本地下水学会誌, vol.48, no.4, pp.233-262, 2006
  • Evaluation of groundwater flow during excavation of shafts by inversion of tilt data, K.Matsui(東京大学), K.Nakatani(東京ガス), T.Arai(大和探査), K.Ohnuma(大和探査), R.Takwuchi, Y.Arai, S.Takeuchi, Journal of MMIJVol. 123 (2007) No. 1 P 26-32, 2007
  • 深層岩盤を対象としたシーケンシャル水理試験手法の開発と適用, 竹内真司, 中野勝志, 平田洋一(大成基礎設計), 進士喜英(鴻池組), 西垣誠(岡山大学), 地下水学会誌, vol.49, no.1, pp.17-32, 2007
  • A quadratic element method for evaluating groundwater flow by the inversion of surface tilt with application to the Tono Area, Japan, K. Matsuki(東北大学), K. Nakatani(東北大学), T. Arai(大和地質研究所), K. Ohmura(大和地質研究所), R. Takeuchi, Y. Arai(シーテック) and S. Takeuchi, Journal of Hydrology, vol.360, nos.1-4, pp.217-229, 2008
  • 孔間水理試験による水圧応答に基づく地下深部の水理地質構造の解析的推定, 尾上博則, 三枝博光, 大山卓也, 竹内真司, 日本地下水学会誌, vol.50, no.4, pp.251-274, 2008
  • Evaluation of uncertainties originating from the conceptual models applied to analyze regional groundwater flow in the Tono area of Japan, Y. Ijiri(大成建設), H. Saegusa, A. Sawada, M. Ono(大成建設), K. Watanabe(埼玉大学), K. Karasaki(LBNL), C. Doughty(LBNL), M. Shimo(大成建設) and K. Fumimura(大成建設), Jounal of Contaminant Hydrology, vol.103 no.3-4, pp.168-181, 2008
  • 植生フェノロジーの変化に着目した多時期衛星データによる林相区分の精度向上と森林の下層植生状態の推定, 小出馨, 写真測量とリモートセンシング, vol.47, no.6, pp.4-12, 2008
  • 立坑掘削に伴う排水・冠水・再排水時の地表面傾斜量の逆解析に基づ岐阜県東濃地域超深地層研究所用地の地下水流動場評価, 成川達也(本田技研工業(株)), 松木浩二(東北大学), 新井孝志(大和地質研究所), 大山卓也, 竹内竜史, 竹内真司, 土木学会論文集C, vol. 65, no.4, pp.806-821, 2009
  • Groundwater pressure changes in Central Japan induced by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, M. Niwa, R. Takeuchi, H. Onoe, K. Tsuyuguchi, K. Asamori, K. Umeda and K. Sugihara, GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS, VOL.13, Q05020, 15 PP., 2012, doi:10.1029/2012GC004052 , 2012
  • Applying Vegetation Indices to Detect High Water Table Zones in Humid Warm-Temperate Regions using Satellite Remote Sensing, Kaoru Koide, Katsuaki Koike(熊本大学), International Journal of Applied Earth Observations and Geoinformation, International Journal of Applied Earth Observation and Geoinformation, Vol.19, pp. 88-103, doi:10.1016/j.jag.2012.03.01, 2012.1
  • 瑞浪超深地層研究所における地下深部の水理地質構造調査, 竹内真司, 三枝博光, 天野健治, 竹内竜史, 地質学雑誌, vol.119, no.2, pp.75-79, 2013.02
  • 地震に伴う地下水圧の変化が地下水流動特性に与える影響; 東濃地域における事例, 竹内竜史, 露口耕治, 尾上博則, 三枝博光, 別府伸治, 原子力バックエンド研究, vol.22, no.2, pp.37-52, 2015
  • 超深地層研究所計画の研究坑道の掘削を伴う研究段階における地下水流動のモデル化・解析, 尾上 博則, 三枝 博光, 竹内 竜史, 土木学会論文集 C, vol.72, no.1, pp.13-26, 2016
  • Extending water retention curves to a quasi-saturated zone subjected to a high water pressure up to 1.5 Megapascals, T. Sakaki(Nagra), M. Komatsu(岡山大学) and R. Takeuchi, Vadose Zone Journal (Internet), vol.15, no.8, p.7, 2016
  • 地中レーダを用いた坑道近傍の岩盤内の水みちとしての割れ目の評価, 升元 一彦(鹿島建設), 竹内 竜史, 応用地質, vol.57, no.4, pp.154-161, 2016

地球化学の調査研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • Groundwater Chemistry and Fracture Mineralogy in the Basement Granitic Rock in the Tono Uranium Mine Area, Gifu Prefecture, Japan -Groundwater Composition, Eh Evolution AnaJysis by Fracture FillingMinerals-, Iwatsuki, T. and Yoshida, H. , Geochemical Jounal, vol.33, pp.19-32, 1998
  • 深地層を対象とした地下水の地球化学調査の現状, 岩月輝希, 豊嶋賢治, 吉田英一 , 原子力バックエンド研究, vol.4, pp.73-81, 1998
  • 深部地質環境における微生物群集-東濃地域を例として-, 村上由記(広島大学), 長沼毅(広島大学), 岩月輝希, 原子力バックエンド研究, vol.5, no.2, pp.59-66, 1998.11
  • Characterizing the chemical containment properties of the deep geosphere: water-rock interactions in relation to fracture systems within deep crystalline rock in the Tono area, Japan, Iwatsuki, T. and Yoshida, H. , Metcalfe, R. & Rochelle, C.A. (eds) 1999, Chemical Containment of Waste in the Geosphere, Geological Society, London, Special Publications, Vo1.157, pp.71-84, 1999
  • Estimation of relative groundwater age in the granite at the Tono research site, central Japan, Iwatsuki, T., Xu, S., Itoh, S., Abe, M. and Watanabe, M., Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, B172 (2000), pp. 524-529, 2000
  • Laboratory examination of microbial perturbations in a granitic environment, West, J.M.(British Geological Survey), Hama, K., Bateman, K.(British Geological Survey), Coombs, P.(British Geological Survey), Hards, V.(British Geological Survey), Milodowski, A.E.(British Geological Survey), Wetton, P.(British Geological Survey) and Yoshida, H., Sci. Basis Nucl. Waste Manag. XXIV, pp.657-664, 2000.08
  • 花崗岩を対象とした深部地質環境の調査技術開発の課題と現状-測定データの品質保証の観点で構築した地下水調査法の提案, 小出 馨, 杉原弘造, 長谷川健, 武田精悦, 資源と素材, vol.117, pp.785-793, 2001.01
  • Carbon-14 study of groundwater in the sedimentary rocks at the Tono study site, central Japan, Iwatsuki, T., Xu, S., Mizutani, Y., Hama, K., Saegusa, H. and Nakano, K., Applied Geochemistry, vol.16, Issues 7–8, June 2001, pp.849–859, 2001.06
  • Influence of bacteria on rock-water interacton, and clay mineral formation in subsurface granitic environments, Hama,K., Bateman,K.(英国地質調査所), Coombs,P(英国地質調査所)., Hards,V.L.(英国地質調査所), Milodowski,A.E.(英国地質調査所), West,J.M.(英国地質調査所), Wetton,P.D.(英国地質調査所), Yoshida,H. and Aoki,K., Clay Minerals, vol.36, no.4, pp.599-613, 2001.12
  • 東濃地域における地下水化学と地下微生物の相互作用, 村上由記, 岩月輝希, 長沼毅(広島大学), 地学雑誌, vol.112, no.2, pp.277-287, 2003.04
  • Phylogenetic Characterization of 16S rRNA Gene Clones from Deep-Groundwater Microorganisms That Pass through 0.2-Micrometer-Pore-Size Filters , T. Miyoshi(広島大学), T. Iwatsuki and T. Naganuma(広島大学), Applied and Environmental Microbiology, vol.71 no.2, pp.1084-1088, 2004.12
  • 深層ボーリング孔を用いた地下水の地球化学調査の課題に対する試み , 古江良治, 岩月輝希, 濱克宏 (幌延), 応用地質, vol.46, no.4, pp.232-236, 2005.06
  • Hydrochemical Baseline Condition of Groundwater at the Mizunami Underground Research Laboratory, T. Iwatsuki, R. Furue, H. Mie, S. Ioka and T. Mizuno, 岩月輝希, 古江良治, 彌榮秀樹, 井岡聖一郎, 水野崇, Applied Geochemistry, vol.20, Issue 12, December 2005, pp.2283–2302, 2005.11
  • 地下深部における地球化学環境の長期的変遷 -炭酸塩鉱物中の微量元素濃度に基づく解析例-, 水野崇, 岩月輝希, 地球化学, vol.40, pp.33-45, 2005.12
  • 電極表面連続研磨器具付き白金電極を用いる水溶液酸化還元電位の安定測定, 井岡聖一郎, 岩月輝希, 加藤修(神戸製鋼所), 今北毅(コベルコ科研), 分析化学, vol.55, no.10, pp.793-797, 2006
  • 深層ボーリング孔を用いた岩盤中の地下水の採取方法 地下水の酸化還元状態の把握のために, 井岡聖一郎, 古江良治, 岩月輝希, 日本水文科学会誌, vol.36, no.4, pp.181-190, 2006
  • 多変量解析による瑞浪超深地層研究所周辺の地下水化学モデルの構築, 阿島秀司(電源開発), 戸高法文(電源開発), 岩月輝希, 古江良治, 応用地質, vol.47, no.3, pp.120-130 , 2006.01
  • 大規模地下施設の建設に伴う周辺地下水環境の変化, 岩月輝希, 天野由記, 井岡聖一郎, 三枝博光, 竹内竜史, 日本原子力学会和文論文誌, vol.6, no.1, pp.73-84, 2007
  • 微生物が地下の酸化還元環境形成に及ぼす影響, 天野由記, 岩月輝希, 井岡聖一郎, 笹尾英嗣, 原子力バックエンド研究, vol.14, no.1, pp.61-67, 2007
  • An evaluation of solubility limits on maximum uranium concentrations in groundwater, T. Iwatsuki and R.C. Arthur(Monitor Sci.), Thermodynamics, solubility and environmental issues Eds. Trevor M. Letcher, Chapter 8, pp.153-168, 2007
  • Redox front formation in an uplifting sedimentary rock sequence: an analogue for redox-controlling processes in the geosphere around deep geological repositories for radioactive waste, H. Yoshida(名古屋大学), R. Metcalfe(Quintessa Japan), K. Yamamoto(名古屋大学), Y. Murakami, D. Hoshii(広島大学), A. Kanekiyo(広島大学), T. Naganuma(広島大学) and T. Hayashi(朝日大学), Applied Geochemistry, vol.23, pp.2364-2381, 2008
  • EXAFS study on the cause of enrichment of heavy REEs on bacterial cell surfaces, Y. Takahashi, M. Yamamoto(広島大学), Y. Yamamoto and K. Tanaka(バイオアクチノイド化学研究グループ), Geochemical et Cosmochimica Acta, vol.74, pp.5443-5462, 2010
  • Abundances of rare earth elements in crude oils and their partitions in water, R. Nakata, Y. Takahashi, G. Zheng, Y. Yamamoto and H. Shimizu 中田亮一(広島大学),高橋嘉夫,鄭国東(中国科学院),山本祐平, 清水洋(広島大学), Geochemical Journal, Vol.44, pp.411-418, 2010
  • Geomicrobiological Properties of Ultra-Deep Granitic Groundwater from the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU), Central Japan, A. Fukuda(産総研), H. Hagiwara, T. Ishimura(産総研), M. Kouzuka(産総研), S. Ioka, Y. Amano, U. Tsunogai, Y. Suzuki(産総研) and T. Mizuno, Microbial Ecology, vol.60, no.1, pp.214-225, 2010
  • 地層処分事業にかかわる地球化学分野の技術者が継承すべき知見のエキスパート化; 文献調査から精密調査段階における地球化学解析手順について, 岩月 輝希; 水野 崇; 國丸 貴紀; 天野 由記; 松崎 達二; 仙波 毅, 原子力バックエンド研究, 19(2), p.51 - 63, 2012
  • 放射性廃棄物の地層処分における国内の地下水コロイド研究の現状と今後の展開, 長尾 誠也*; 新堀 雄一*; 田中 忠夫; 佐々木 隆之*; 斉藤 拓巳*; 桐島 陽*; 吉川 英樹; 飯島 和毅; 濱 克宏; 岩月 輝希; et al., 原子力バックエンド研究, 20(1), p.3 - 14, 2013
  • 花崗岩に対するEu(III)の収着; EPMA及びLA-ICP-MSによる分析,バッチ試験,モデリングによる研究, 福士 圭介*; 長谷川 優介*; 前田 耕志*; 青井 裕介*; 田村 明弘*; 荒井 章司*; 山本 祐平*; 青才 大介*; 水野 崇, Environmental Science & Technology, 47(22), p.12811 - 12818, 2013
  • 瑞浪超深地層研究所の建設に伴う地下水水質の変化, 水野 崇, 青才 大介, 新宮 信也, 萩原 大樹, 山本 祐平, 福田 朱里, 日本原子力学会和文論文誌, vol.12, no.1, pp.89-102, 2013
  • Groundwater dating applied for geological disposal of radioactive waste; A Review of methods employed worldwide, Hama, K. and Metcalfe, R., 日本水文科学会誌, vol.44, no.1, pp.39-64, 2014
  • Biogeochemical signals from deep microbial life in terrestrial crust, Suzuki, Y., Konno, Y., Fukuda, A., Komatsu, D., Hirota, A., Watanabe, K., Togo, Y., Morikawa, N., Hagiwara, H., Aosai, D., Iwatsuki, T., Tsunogai, U., Nagao, S., Ito, K. and Mizuno, T., PLoS ONE, vol.9, no.12, pp.e113063_1-e113063_20, 2014
  • Comparative study of granitic and sedimentary groundwater colloids by flow-field flow fractionation coupled with ICP-MS, Saito, T., Hamamoto, T., Mizuno, T., Iwatsuki, T. and Tanaka, S., Journal of Analytical Atomic Spectrometry, vol.30, no.6, pp.1229-1236, 2015
  • Hydrochemical disturbances measured in groundwater during the construction and operation of a large-scale underground facility in deep crystalline rock in Japan, Iwatsuki, T., Hagiwara, H., Omori, K., Munemoto, T. and Onoe, H., Environmental Earth Sciences, vol.74, no.4, pp.3041-3057, 2015
  • 大規模地下施設の建設,排水に伴う浅層地下水の地下深部への侵入; 3H, CFCs, SF6トレーサーを用いた評価, 萩原大樹, 岩月輝希, 長谷川琢磨, 中田弘太郎, 富岡祐一, 日本水文科学会誌, vol.45, no.2, pp.21-38, 2015
  • Concentration and characterization of organic colloids in deep granitic groundwater using nanofiltration membranes for evaluating radionuclide transport, Aosai, D., Saeki, D., Iwatsuki, T. and Matsuyama, H., Colloids and Surfaces A; Physicochemical and Engineering Aspects, vol.485, pp.55-62, 2015
  • Rare earth elements (REE) in deep groundwater from granite and fracture-filling calcite in the Tono area, central Japan; Prediction of REE fractionation in paleo- to present-day groundwater, Munemoto, T., Omori, K. and Iwatsuki, T., Chemical Geology, vol.417, pp.58-67, 2015
  • Efficient condensation of organic colloids in deep groundwater using surface-modified nanofiltration membranes under optimized hydrodynamic conditions, D. Aosai(神戸大学), D. Saeki(神戸大学), T. Iwatsuki and H. Matsuyama(神戸大学), Colloids and Surfaces A; Physicochemical and Engineering Aspects, vol.495, no., pp.68-78, 2016
  • Deep microbial life in high-quality granitic groundwater from geochemically and geographically distinct underground boreholes, K. Ino(東京大学), Y. Konno(産業技術総合研究所), M. Kozuka(東京大学), A. Hirota(産業技術総合研究所), Y. Togo(産業技術総合研究所), A. Fukuda(明治大学), D. Komatsu(名古屋大学), U. Tsunogai(名古屋大学), A. Tanabe(京都大学), S. Yamamoto(京都大学), T. Iwatsuki, T. Mizuno, K. Ito(産業技術総合研究所) and Y. Suzuki(東京大学), Environmental Microbiology Reports (Internet), vol.8, no.2, pp.285-294, 2016
  • Comparison of 14C collected by precipitation and gas-strip methods for dating groundwater, K. Nakata(電力中央研究所), T. Hasegawa(電力中央研究所), T. Iwatsuki and T. Kato, Radiocarbon, vol.58, no.3, pp.491-503, 2016
  • Characterization of rare earth elements (REEs) associated with suspended particles in deep granitic groundwater and their post-closure behavior from a simulated underground facility, T. Iwatsuki, T. Munemoto(石川県工業試験場), M. Kubota(検査開発), K. Hayashida and T. Kato(アセンド), Applied Geochemistry, vol.82, no., pp.134-145, 2017

物質移動の調査研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • Development of site characterization technologies for crystalline rocks at Mizunami Underground Research Laboratory (MIU); Surface-based investigation phase, Hama, Katsuhiro, Journal of the Korean Radioactive Waste Society, vol.11, no.2, pp.115-131, 2013
  • Groundwater dating applied for geological disposal of radioactive waste; A Review of methods employed worldwide, K. Hama and R. Metcalfe(クインテッサジャパン), 日本水文科学会誌, vol.44, no.1, pp.39-64, 2014

岩盤力学の調査研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • 不均一岩体の広域応力場評価法, 木村直樹(東北大学), 松木 浩二(東北大学), 中間茂雄, 佐藤稔紀, 資源と素材, Vol.119, pp.655-662 , 2004.01
  • 国内超大深度立坑工事の地山崩壊形態から見た崩壊発生機構に関する考察, 櫻井春輔(建設工学研究所), 清水則一(山口大学), 芥川真一(神戸大学), 吉田秀典(香川大学), 佐藤稔紀, 山地宏志(三井住友建設), 土木学会論文集F, vol.62, no.4, pp.662-673, 2006
  • Estimation of regional stress by FEM for a heterogeneous rock mass with a large fault, K. Matsuki(東北大学), S. Nakama and T. Sato, International Journal of Rock Mechanics and Mining Sciences, vol.46, no.1, pp.31-50, 2009
  • Estimation of three-dimensional stress distribution and elastic moduli in rock mass of the Tono area, Y. Nara(北海道大学), S. Ho Cho(全北大学校), T. Yoshizaki(北海道大学), K. Kaneko(北海道大学), T. Sato, S. Nakama and H. Matsui, International Journal of the Japanese Committee for Rock Mechanics, vol.7, no.1, pp.1-9, 2011
  • 水圧破砕法による初期応力データの品質について -花崗岩における実測結果に基づく高剛性装置の適用性と最大主応力値の評価-, 佐藤稔紀, 丹野剛男, 引間亮一, 真田祐幸, 加藤春實((株)明間ボーリング), Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan, vol.128, no.7, pp.449-454, 2012.07
  • Application of differential strain curve analysis to the Toki Granite for in situ stress determination at the Mizunami Underground Research Laboratory, Japan, H. Sanada, R. Hikima, T. Tanno, H. Matsui and T. Sato, International Journal of Rock Mechanics and Mining Sciences, vol.59, pp.50-56, 2013
  • 瑞浪超深地層研究所での初期応力評価における土岐花崗岩へのDSCA試験の適用, 真田 祐幸; 引間 亮一; 丹野 剛男; 松井 裕哉; 佐藤 稔紀, International Journal of Rock Mechanics and Mining Sciences, 59, p.50 - 56, 2013
  • 地下空洞周辺岩盤内の不飽和領域解析手法に関する提案; 岩石の不飽和浸透パラメータと空洞壁面境界条件の設定方法, 今井 久(安藤・間), 雨宮 清(安藤・間), 松井 裕哉, 佐藤 稔紀, 三枝 博光, 渡邉 邦夫(埼玉大学), 土木学会論文集,C, vol.69, no.3, pp.285-296, 2013
  • 円錐孔底ひずみ法とコアディスキングについて; 土岐花崗岩における湧水孔での測定結果を例にして, 佐藤 稔紀; 丹野 剛男; 引間 亮一; 真田 祐幸; 加藤 春實*, Journal of MMIJ, 129(2,3), p.59 - 64, 2013
  • 小規模コアボーリング掘削時のランダム連続振動の相関解析に基づく地下空洞周辺の不連続構造の推定法, 相馬宣和, 及川寧己, 平野享, 松井裕哉, 浅沼宏, 「物理探査」 第66巻 第2号, p69, 2013
  • Excavation cycle times recorded during sinking of a deep shaft in crystalline rock; A Case example at ventilation shaft of Mizunami URL, Japan, Sanada, H., Sato, T., Horiuchi, Y., Mikake, S., Okihara, M., Yahagi, R. and Kobayashi, S., Tunnelling and Underground Space Technology, vol.50, pp.68-78, 2015

深地層の工学技術研究

技術報告書
外部発表(論文)
  • 地下1,000mに研究坑道を掘る, 東濃地科学センター超深地層研究所計画, 見掛信一郎, 杉原弘造, 永崎靖志, トンネルと地下, vol.31, pp.55-63, 2000.12
  • 地下1,000mの研究坑道工事に着手 瑞浪超深地層研究所研究坑道掘削工事, 今津雅紀, 佐藤稔紀, 坂巻昌工, トンネルと地下, vol.35, no.6, pp.31-42, 2004.04
  • 世界最長の昇降設備の開発設計 -深度1,000mの地下研究施設へのアプローチ設備-, 今津雅紀, 佐藤稔紀, 見掛信一郎, 松岡秀佳, 建設機械, vol.40, no.12, pp.48-55, 2004.08
  • 瑞浪超深地層研究所研究坑道工事における総合評価落札方式について, 佐藤稔紀, 見掛信一郎, 今津雅紀, 坂巻昌工, 建設マネジメント研究論文集, vol.11, pp.369-378, 2004.11
  • Countermeasures Planned for Reducing Water Inflow into Deep Shafts at the Mizunami Underground Research Laboratory, 久慈雅栄, 佐藤稔紀, 見掛信一郎, 原雅人, 南出賢司, 杉原弘造, Journal of Power and Energy Systems, vol.2, no.1, pp.153-163, 2007
  • 注入圧力によるグラウトの目詰まり現象抑制効果, 延藤遵(清水建設), 西垣誠(岡山大学), 見掛信一郎, 小林伸司, 佐藤稔紀, 土木学会論文集C, vol.64, no.4, pp.813-832, 2008
  • 不連続性岩盤における突発湧水リスク評価手法の事後評価への適用, 大津宏康(京都大学), 堀田洋平(京都大学), 三枝博光, 井尻裕二(大成建設), 尾上博則, 土木学会論文集F, vol.64, no.4, pp.353-368, 2008
  • 大深度岩盤掘削工事を対象とした効率的なプレグラウチング概念に関する提案, 延藤遵(清水建設(株)), 見掛信一郎, 西垣誠(岡山大学), 土木学会論文集C, vol.65, no.4, pp.806-821, 2009
  • 割れ目が卓越する岩盤に大深度立坑を掘削する際の突発湧水リスク評価手法の提案, 本島貴之(大成建設(株)), 尾上博則((株)ニュージェック), 井尻裕二(大成建設), 大津宏康(京都大学), 三枝博光, 土木学会論文集C, vol.66, no.2, pp.370-386, 2010
  • 不連続性岩盤における突発湧水を対象とした地質調査の価値に関する一考察, 大津宏康(京都大学), 有薗大樹(電源開発(株)), 三枝博光, 土木学会論文集F4(建設マネジメント)特集号, vol.66, no.1, pp.77-90, 2010
  • 放射線グラフト捕集材を用いた湧水中フッ素・ホウ素除去効率化の検討, 弥富洋介, 保科宏行(金属捕集・生分解性高分子研究グループ), 瀬古典明(金属捕集・生分解性高分子研究グループ), 島田顕臣, 尾方伸久, 杉原弘造, 笠井昇(金属捕集・生分解性高分子研究グループ, 植木悠二(金属捕集・生分解性高分子研究グループ), 玉田正男(金属捕集・生分解性高分子研究グループ), 日本原子力学会和文論文誌, vol.9, no.3, pp.330-338, 2010

計画

成果取りまとめ

建設