JAEAトップページへ 地層を科学する 東濃地科学センター    
>>TOP>>センターのご案内>>施設見学 >>サイトマップ
 瑞浪超深地層研究所見学会のご案内

 
 瑞浪超深地層研究所では、地下の研究坑道を体験する見学会を毎月開催しています。参加無料ですので是非ご参加ください。(対象年齢小学4年生以上。小学生の方は保護者同伴が必要です。)
  事前予約制となっていますので、下記申込窓口までお申し込み下さい。なお、先着順とし、定員になり次第受付を終了させて頂きますので、あらかじめご了承ください。
*(日時は変更になる場合もあります)
 (住所、氏名等の個人情報は、見学会や当機構主催の講演会等の案内に使用させていただく場合があります)
  9月の見学会
平成28年9月24日(土)

9:30〜12:00
(申込期限:9月20日(火)まで)
 
 

見学は、櫓(やぐら)等の設備や深度500m研究坑道をご覧いただきます。

・見学時間 120分〜150分
・見学コース
 ・概況説明(約30分)
 ・掘削方法の映像DVD(約10分)
 ・安全装備の着用(約20分)
 ・地上設備、研究坑道見学(約60分)
 ・更衣及び質疑応答(約10分)


注意事項
  • 工事状況や設備の都合により見学が困難な場合や、見学予定場所の状況が見学に適さない場合は、予約後や当日であっても見学をお断りする場合があります。
  • 外国籍の方が含まれる場合は別途手続きが必要となりますので、見学希望日の3週間前までにご連絡ください。国籍等によっては輸出管理上お受けできない場合があります。
  • 入坑の際は、安全装備(つなぎ服つなぎ服反射ベスト・ヘルメット・安全長靴・軍手反射ベスト・ヘルメット・安全長靴・軍手・坑内PHS)を着用していただきます。
  • 狭い場所や急な階段があります。また深度500m研究坑道へ行く際には、通常のビル8階分の高さ(約22m)の「らせん階段」を昇降するため、体力的にも大きな負担となります。階段の昇降が困難な方や、約1時間の見学時間を通しての自立歩行が困難な方、高所・閉所恐怖症の方等は、入坑をお断りする場合があります。
  • 見学時に体調がすぐれない方、妊娠されている方、安全装備を着用できない方、飲酒が認められる方については、見学をお断りしております。
  • 夏場は高温になりますので、お着替えを持参されることをお勧めします。またシャワー室等はありません。
  • 到着時間が20分以上早まる、又は遅れる場合は、ご連絡をお願いします。
  • 見学場所は工事現場ですので、安全のためスタッフの指示に従ってください。
  • 個人用のカメラ等は、ストラップ等で首から下げてください。
  • スマートフォン等は、お貸しする専用ケースに入れて首から下げてください。

地図(瑞浪超深地層研究所)(PDF)
 





●見学会申込について
・申込窓口   : 総務・共生課(TEL:0572‐66‐2244)(FAX:0572‐68‐7717)
         e-mail:tono-kengaku@jaea.go.jp
・電話受付時間 : 平日9:00〜12:00、13:00〜15:00
・申込手順
 @電話にて空き状況を確認・予約
 Aご見学者事項(氏名・住所・電話番号・年齢【小学生の方は学年】)を電話、e-mail又はfaxにて
  ご連絡下さい。(様式自由)



平日の見学(瑞浪超深地層研究所、土岐地球年代学研究所)はこちらをご覧下さい。

不明な点等ありましたら、上記申込窓口までご連絡下さい。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.