幌延深地層研究センター

深地層研究計画の状況 >> 調査研究の状況

深地層研究計画の状況 -調査研究の状況-

幌延深地層研究計画は、調査研究の開始から終了までの20年程度の計画であり、「地上からの調査研究段階(第1段階)」、「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」、「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの段階に分けて進めることとしています。
現在は、研究所用地やその周辺において、地下施設の建設、第2段階および第3段階の調査研究を行っています。
このページでは、調査研究の状況をご紹介します。

幌延深地層研究計画について 平成29年度の調査研究について

これまでにご紹介した調査研究の状況

平成29年8月の調査研究の状況

平成29年8月4日(金)更新

写真 緩衝材定置試験(原子力環境整備促進・資金管理センターとの共同研究)

写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
 原子力環境整備促進・資金管理センターとの共同研究「 搬送定置・回収技術の実証的検討に関する研究 」の一環として、 地層処分実規模試験施設 において、実物大の模擬緩衝材ブロックの定置試験を実施しました。本試験は「おもしろ科学館2017inほろのべ」(7月22日(土)〜23日(日))に合わせて一般公開しました。
 本試験では、実物大の模擬緩衝材ブロック1段分(8個、1個あたり約300kg)を専用の真空把持装置で持ち上げ、直径2.4mの模擬処分孔へ定置した際の精度を確認するものです( 平成25年9月6日掲載記事 参照)。
 写真1、2は定置試験の様子、写真3は定置後の計測の様子(定置状況の確認)です。

写真1 定置試験の様子(地上部)

写真1 定置試験の様子(地上部)

写真2 定置試験の様子(地下部:模擬処分孔)

写真2 定置試験の様子(地下部:模擬処分孔)

写真3 定置後の計測の様子(定置状況の確認)

写真3 定置後の計測の様子(定置状況の確認)

ページトップに戻る

平成29年8月4日(金)更新

写真 緩衝材の浸潤挙動可視化試験(原子力環境整備促進・資金管理センターとの共同研究)

写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
 原子力環境整備促進・資金管理センターとの共同研究「 搬送定置・回収技術の実証的検討に関する研究 」の一環として、緩衝材の浸潤挙動可視化試験を、 地層処分実規模試験施設で実施しています。
 今年度は縮小スケールの緩衝材ブロックを製作し、竪置き定置方式の緩衝材ブロックが水との接触によって緩衝材が膨潤する様子を観察することとしました。
(参考:平成25年度の試験は こちら
 写真1、2は、縮小スケールの緩衝材ブロックの製作の様子と製作した緩衝材ブロック、写真3は製作した緩衝材ブロックを積み上げた試験体の様子です。試験の様子は地層処分実規模試験施設にてご見学いただけます。

写真1 縮小スケールの緩衝材ブロック製作の様子
(ベントナイトとケイ砂を手動油圧プレス機にて圧縮成型しています)

写真1 縮小スケールの緩衝材ブロック製作の様子
(ベントナイトとケイ砂を手動油圧プレス機にて圧縮成型しています)

写真2 製作した緩衝材ブロック
(実際の約1/24の大きさになります)

写真2 製作した緩衝材ブロック
(実際の約1/24の大きさになります)

写真3 可視化試験の試験体
(地層処分実規模試験施設にてご覧いただけます)

写真3 可視化試験の試験体
(地層処分実規模試験施設にてご覧いただけます)

ページトップに戻る

ページトップに戻る