お問合せ

  • アクセス
  • お問合せ

R&Dプロジェクトマネジメント

次世代高速炉サイクル研究開発センターにおいては、国により2014年4月に定められた「エネルギー基本計画」、原子力機構の中長期計画に従い、高レベル放射性廃棄物の減容化・有害度低減等や高速炉の実証技術の確立に向けた研究開発を進めています。

詳細はこちら

高速炉設計

2カ国/3カ国間、多国間の国際協力の枠組みを活用し、我が国が中核国の1つとして、次世代高速炉の開発を進める諸国と連携し、高速炉サイクル技術開発と設計クライテリアの国際標準化に取り組んでいます。

詳細はこちら

高速炉炉心

炉心挙動解析グループでは、次世代の高速炉開発に必要な炉心設計手法の開発、放射性廃棄物の減容及び有害度低減などの炉心性能を追求する新たな炉心概念の研究を中心とした研究開発に取り組んでいます。

詳細はこちら

熱流動

高速炉計算工学技術開発部に所属する【システム統合Gr】/【システム安全解析Gr】/【流動・系統解析Gr】は、ナトリウム冷却高速炉における熱流動関連現象の解明,高速炉の安全性強化および設計検討に資する解析評価手法の開発整備、さらには、評価指針・規格基準の整備に関する研究開発に取り組んでいます。

詳細はこちら

高速炉安全技術開発

当グループでは、高速炉の安全性を合理的に示すため、仮想的な炉心損傷事故(CDA)における事象進展の評価に取り組んでいます。そのために、CDAを解析する手法の開発と整備、およびCDAの物理現象を解明する試験研究を国際的に展開しています。

詳細はこちら

核燃料サイクル技術

酸化物燃料の基礎特性評価を通して、様々な基礎データを統合した機構論的物性モデルを構築し、照射挙動モデル及び燃料製造プロセスに関する燃料技術の開発を進めています。

詳細はこちら

国際協力

次世代高速炉サイクル研究開発センターでは、様々な国と国際協力を行い研究を進めています。

詳細はこちら

R&Dプロジェクトマネジメント

次世代高速炉サイクル研究開発センターにおいては、国により2014年4月に定められた「エネルギー基本計画」、原子力機構の中長期計画に従い、高レベル放射性廃棄物の減容化・有害度低減等や高速炉の実証技術の確立に向けた研究開発を進めております。

詳細はこちら

高速炉設計

2カ国/3カ国間、多国間の国際協力の枠組みを活用し、我が国が中核国の1つとして、次世代高速炉の開発を進める諸国と連携し、高速炉サイクル技術開発と設計クライテリアの国際標準化に取り組む

詳細はこちら

高速炉炉心

炉心挙動解析グループでは、次世代の高速炉開発に必要な炉心設計手法の開発、放射性廃棄物の減容及び有害度低減などの炉心性能を追求する新たな炉心概念の研究を中心とした研究開発に取り組んでいます。

詳細はこちら

熱流動

【システム統合Gr】/【システム安全解析Gr】/【流動・系統解析Gr】は、ナトリウム冷却高速炉における熱流動関連現象の解明、高速炉の安全性強化および設計検討に資する解析評価手法の開発整備、さらには、評価指針・規格基準の整備に関する研究開発に取り組んでいます。

詳細はこちら

高速炉安全技術開発

当グループでは、高速炉の安全性を合理的に示すため、仮想的な炉心損傷事故(CDA)における事象進展の評価に取り組んでいます。そのために、CDAを解析する手法の開発と整備、およびCDAの物理現象を解明する試験研究を国際的に展開しています。

詳細はこちら

核燃料サイクル技術

酸化物燃料の基礎特性評価を通して、様々な基礎データを統合した機構論的物性モデルを構築し、照射挙動モデル及び燃料製造プロセスに関する燃料技術の開発を進めています。

詳細はこちら

国際協力

次世代高速炉サイクル研究開発センターでは、様々な国と国際協力を行い研究を進めています。

詳細はこちら

研究開発の紹介

次世代高速炉サイクル研究開発センターは、大洗・東海との連携のもと、次世代の原子力システム、
すなわちFBRサイクルに関する研究開発及び研究開発推進に係る業務を行っています。

高速炉サイクルFAQ

高速炉サイクルFAQ

詳しくはこちら

外部リンク

外部リンク

詳しくはこちら

map

お知らせ

  • 2017.04.07 お知らせ
    ホームページをリニューアルいたしました。

お知らせ一覧を見る

ホーム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.