大学・企業・学生のみなさまへ

原子力安全の継続的改善を実現するためには、規制側と研究側との適切な連携が不可欠です。そのためには、安全研究の専門的能力を備えた人材、研究施設、研究の運営・管理のための組織を将来にわたって確保することが必要です。

我が国における原子力の安全研究を着実に遂行するためには、私たち国の研究機関のみならず、原子力安全に関する研究を行う民間企業や、基礎・基盤的な研究を行う大学等との連携と協力が重要です。私たちは、中立性・透明性を確保しつつ、こうした連携・協力を通じて原子力安全の専門家集団としての責任を担って参ります。

ページTOP