?

保障措置分析化学研究グループ

概要

保障措置分析化学研究グループでは、これまでウラン微粒子の同位体分析や核物質を含む試料の分離・分析技術開発により、保障措置や核不拡散の課題に貢献してきた。

  • 環境試料中の極微量核物質の同位体分析法の開発  国及びIAEAへの技術的支援として、依頼された保障措置環境試料を分析するとともに、我が国の核物質管理技術の向上のために、極微量核物質の同位体比測定法の開発を行っている。核燃料物質や放射性物質を扱えるクリーンルームを擁する高度環境分析研究棟(CLEAR)では、さらに保障措置技術に必要な環境試料中のプルトニウムやMOX粒子の同位体比分析法や粒子中のプルトニウムの精製時期推定法を開発してきた。現在、粒子の性状分析技術、顕微レーザーラマン分光法を用いたウラン粒子の化学状態分析法、高濃縮ウラン粒子の精製時期推定法を開発している。

研究内容

作成中
作成中

ページTOP