福島・茨城・栃木・群馬・新潟五県知事J−PARCをご視察
 
 7月24日(月)に佐藤知事(福島県)・橋本知事(茨城県)・福田知事(栃木県)・小寺知事(群馬県)・泉田知事(新潟県)が、大強度加速器施設J−PARCをご視察されました。
 五県では、現在、建設中の北関東自動車道が全線開通すると既存の各高速道路とループ状の高速交通網で結ばれることになり、地域振興のうえで様々な連携が進むことが期待されることから、一昨年から五県知事会議を開催しています。今年は第三回目の会議が茨城県庁で開催され、その一環として一行約35名がJ−PARCを訪れました。
 県庁から、J−PARCに向かう車中では木村理事の挨拶及びJ−PARC概要説明(J−PARCセンター鈴木GL)等を行いました。
 原子力科学研究所に到着しますと殿塚理事長も挨拶の後にバスに乗車し、J−PARCに向かいました。J−PARCでは、3GeVシンクロトロン及び物質・生命科学実験施設をご視察されました。
 お忙しい中での限られた時間、しかも小雨降る中ではありましたが、精力的に施設のご視察を頂きました。

3GeVシンクロトロンご視察


3GeVシンクロトロンご視察


物質・生命科学実験施設ご視察



もどる